読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツナワタリマイライフ

日常ネタから技術ネタ、音楽ネタまで何でも書きます。

仕事は楽しいかね?②を読んで考える、最高の上司と部下

はじめに

仕事は楽しいかね?kindle unlimitedで読めるよ!

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね? 2

仕事は楽しいかね? 2

take-she12.hatenablog.com

2冊目の本作は変化を味方につけ、事業を成功させて昇進した主人公が、良い上司、良い部下とは何かを学ぶ会です。

本の内容自体は読んでいただくとして、この本を読んで自分の身の回りの上司・部下の理想について考えていきます。

良い上司とは?管理職の仕事とは?

管理職といえば、部下の仕事や、部下自身を管理する仕事のように聞こえます。マネージャーとプレイヤーの関係ですね。

実はみなさんも少しずつ気づいているかもしれませんが、ここには上下関係はなく、役割が違うだけなんですね。

リーダーやマネージャとプレイヤーに一方向の上下関係があると、おそらく仕事はうまくいきません。上司は部下を管理したいから逐一状況を知りたがるし、報告させるだろうし、部下は報告資料を作るために時間がかかってしまい、本当にしたい仕事はできません。

極限まで理想的な状態は、上司は部下を信頼し好きにやってもらうし、部下は上司を信頼し、好きにやって結果を出すことではないでしょうか。

つまり、管理職は管理をしてはいけない。

僕自身、管理職は管理をせず、見守ることが仕事だと思っています。(もしくは経営層と戦ってくれること、かもしれません。)僕は入社間もないことと、管理職と密接に仕事をした経験がないので、管理職が本当にどんな仕事をしているかは知らないので、想像です。

ビジネス責任者かもしれない。でも実際に仕事を進めるのは部下たち。それが自主的に高まりあって良い結果を出すチームであればなおのこということがないわけです。

良い上司は、管理せず、見守りつつ、時々軌道修正の助言をしたり、チームがよりよい生産性を出せるような仕組みを提案するひとだと、僕は思います。

良い部下とは

先ほどもいいましたが、良い部下とは上司が「こいつに任せとけば大丈夫」と思われるひとだと思います。

そのためには常に変化に挑み、やったことと効果を常に分析し、最良を目指し続ける姿勢が大切です。加えて、チームメンバーへ働きかけ、問題の早期解決のために補助ができるとなおよいです。

なんだか理想ばかり語ってしまったかもしれません。

今の自分の上司はまさに「見守る」タイプの上司だと思っています。おそらくかなりいろんなことを考えてる方だとは思うのですが、今のところ、ところどころコメントはしていただきつつも、基本は見守ってくれています。

僕は普段からより積極的にチームを引っ張る役目をもって、こいつに任せとけばなんとかなると、今後思ってもらえるような仕事をするだけです。

おわりに

管理職は管理をしてはいけない。わかっていてもなかなか難しいことだと思います。

そういう意味で今の職場、上司はもしかしたら最高の上司なのかもしれません。自分が最高の上司、最高の部下になるべく、仕事の仕方には常に気を使って、上司にとって良い部下に、部下にとって良い上司になっていきたい。